川治プリンスホテル火災

1980年11月20日PM3:30分頃出火

新館1階の風呂場付近工事のトーチランプから出火。簡易耐火造(鉄骨)4F建て本館及び木造2F建て新刊、 3,582m2を全焼。死者45人(内、宿泊客40人)、重軽傷者22名。国内旅館ホテル火災史上最大の惨事。 出火当時、ホテルには112名の宿泊客がいた。大半は紅葉見物に来た老人クラブの方とされている。

このホテルは、火災前年末に消防署の査察で、消火栓、誘導灯など八項目にわたる不備の指導がなされていたが、 改善されていなかった。また、火災初期段階で自動火災報知設備が鳴動しているにも関わらず、 ホテル側が「試験だから心配しないように・・・」と館内放送を流していたとのこと。 たまたまこの日に本当に点検をやっていたらしいが、この案内が惨事を大きくしたとも言われている。 その他にこの火災が大惨事になった理由として、

  1. 度重なる増改築で建物内が迷路化していた
  2. バルコニーの無い構造で、煙により階段をふさがれ、避難上大きな問題があった
  3. 従業員の出勤前であったため、適切な避難誘導がなされなかった
  4. 宿泊客に高齢者が多かった・消火用水利が悪かった

恐ろしい話である。誰だって「このベルの音は試験だ・・・」と聞かされれば、安心してしまう。 逆に、煙や臭いを(試験で出しているに違いない)と勘違いし、本当に手遅れになるまで我慢してしまうかもしれない。 「安全を売る」ホテルが人をだますことになるとは・・・。

なお、この火災については、6年を経た1987年2月12日、東京高裁にて「防火戸や防火区画の設置、義務を怠り、 避難誘導訓練を実施しなかった」として川治プリンスホテル元社長に禁固2年6ヶ月、 執行猶予3年、元専務には執行猶予なしの禁固2年6ヶ月、 出火の直接の原因となった建設作業員に禁固1年、執行猶予3年の判決が下った。